スパム来襲

いや~参りました。

本日の2時頃の事なんですけど、ちょっとサイトの変更箇所があって作業してたんです。

するとなにやら頻繁にメールの受信音が・・・。

見てみると旧掲示板への書き込みのメールが次から次へと。

急いで確認してみるとすでに20件ほどのスパム書き込み。

すぐにIPを調べて.htaccessで拒否したんですけど、全然お構いなしで入ってくる(汗)

8種類くらいのIPとドメインでやってくるんですけど、何故か.vhoster.orgっていうドメインだけが効かないんですよ。

ドメインからIPを検索して、IPとドメインの両方を指定してもダメ。

どうなってるんでしょうかね。

試しに.htaccessをmacau-sauna.netのルート直下において旧掲示板のCGIのディレクトリにも入れてみたんだけど効果なし。

あれこれと試している間にも次から次へと書き込まれてるし・・・・。

こうなったら検索しかない!・・・と検索したらあるわるわ・・・。

最近、派手に活動しているスパムボットの様で、削除された痕跡が沢山。

で、肝心の対策に成功したというブログを発見!

やはり定番の書き方では効かないようで。

成功例が書いてあったので同じ記述にしてみたら現在は沈静化したようです。

.htaccessの拒否リストに以下を追加。

deny from 91.200. # vhoster.org

deny from .example.com

deny from 91.213.

通常であれば.htaccessにdeny fromの後にIPなりドメインなりを書いとけばアクセスが蹴られるはずなのに、なんで通り抜けちゃうんでしょうね。

まったくの謎です。

結局80件ほどのスパム投稿をされちゃいましたよ。

上の画像のスパム。ハワイではおにぎりが人気。沖縄では戦後に米軍の糧食を民間に配った事がきっかけで大人気になった缶詰です。

沖縄ではアメリカ産のスパムではなくデンマーク産のチューリップ印が人気なんですよ。

正式名称はポークランチョンミート

沖縄の人はポークと呼んでます。お味噌汁の具にしたり、定番のゴーヤチャンプルーとか卵と一緒に焼くと最高に上手いですよね。

00660124s

で、マカオNOWと言うコーナーなので無理やりにでもマカオとこじつけます(笑)

マカオのスーパーでは中国産、アメリカ産スパム、チューリップ印とかなりの種類のスパム缶詰が並んでいます。減塩仕様なんてのもあります。

で、マカオではランチョンミートなんて呼び方ではなく「午餐肉」と書かれています。

読み方は・・・知りません。

漢字から想像するには午(昼)に食べる肉・・・みたいな意味でしょうか・・・ランチョンミートですから正解?(笑)

香港やマカオでの調理方法は、お決まりの卵と一緒に調理したり、インスタントラーメンにチャーシュー代わりに入れたりもします。ランチョンミートってゼラチン質?っぽい油が結構いいお出汁になるんですよね。

地元の人が行くような安い料理屋とかのメニューには必ずと言っていいほど出前一丁ってあるんですよ。そう、あのインスタントラーメンの出前一丁が普通にメニューに載ってるんです。出前一丁は香港でも製造していて、スーパーではだいたい3.5MOP位で売ってます。日本製のが5袋パックで35MOP位だったかな・・・

広東語での発音は「チョッチェンヤッティエン」みたいな・・・・。

で、お店で頼むとランチョンミートがチャーシュー代わりに入って15MOP位ですね。

ちなみに、街中に叉焼を吊り下げて売っている店があるんですが、香港とマカオのラーメンでその叉焼が乗った物にはお目にかかった事はありません。