マカオ、春節GW7日間のホテル客室稼働率52.9%

マカオ政府旅遊局(MGTO)が2月1日に公表した統計によれば、春節GW7日間のインバウンド旅客数は前年同期から78.3%の大幅減となる26.3万人にとどまった。インバウンド旅客全体に占める中国本土旅客の割合は通常およそ7割を占めるが、今GW期間中は57.2%で、人数ベースでは88.3ポイント減の14.9万人。香港と台湾からの旅客数もそれぞれ66.7%、53.5%減。

引用元:マカオ新聞

マカオは観光がすべて。
徹底的に防御するのでマカオに来るなら今がチャンスかも^_^