警察官が上空に向けて威嚇発砲

黄長官は、マカオにおいて発砲行為は決して小さなことではなく、治安警察局の梁文昌局長に対し、カジノ周辺を担当する警察官へ発砲に代わる手段として催涙スプレーの配備が可能かどうか検討するよう指示したことを明らかにした。カジノ施設内を担当する司法警察局所属の警察官については、すでに7〜8年前から催涙スプレーを配備しているという。
引用元:マカオ新聞