約140億円の売上吹き飛ぶ

マカオのカジノは、基本的に年中無休の24時間営業。マカオでは昨年8月にも大型台風が襲来し、一部のカジノが水没、停電したことで混乱に陥った経験を生かし、今回は客と従業員の安全を確保するため、マカオ政府とカジノ運営会社の協議の結果、15日午後11時に全面閉鎖することが決定。33時間後の16日午前8時に再開した。マカオのカジノはマカオ政府とコンセッション(経営権契約)を結ぶ6社によって運営されており、全面閉鎖となるのは、2002年に現行のコンセッションが締結されて以来、初めてのこととなる。
引用元:マカオ新聞